電力の革命児でも「ある内田俊一郎

日本では電力は1つの会社で賄っていて、これまでは自由化されることもありませんでした。
国民も電気は必要ですが、そこの会社にするか選択肢はなく、決まった会社を利用して料金を言われたまま支払うしかなかったのです。
しかし、内田俊一郎氏のロハスグループはこの選択肢のない環境を変えました。
自由化を推進し、国民もより信頼できる電力会社の電気を使えるように変えてくれたのです。
ですので、電力の革命児とも呼ばれています。
ロハスグループの社長でもありながら、大阪大学先端イノベーションセンター研究員という肩書も持っています。
経営戦略のための多角化のため持ち株会社制度を導入し、ロハスホールディングス株式会社を設立しました。
電力の定額制サービスの実現に向けて、業界初となる蓄電池やクラウドとロハスパケ割のTVで販売をするなどして、今までにはないサービスを提供しています。
電力が自由化になれば、消費者にとってもより良い会社を選べるので助かります。