いずみホールディングスが消費者にありがたい存在である理由

いずみホールディングスという会社をご存知でしょうか?
また、こちらの会社の代表をしている泉卓真さんという人物をご存知でしょうか?両方とも知らないという方は、少し勉強不足かも知れません。
泉卓真さんが代表を務めるいずみホールディングスは、日本で農家や漁師、酪農をしている方にとっても、わたし達のような食品を消費する人にとっても素晴らしい発明をした会社なのです。
泉卓真さんのいずみホールディングスは、消費者にリーズナブルな価格で国産の質の高い野菜やお魚、お肉などが届くようなプラットフォームを構築し、実践している会社です。

いずみホールディングスのプラットフォームは、これまでコストがかさんでいた中間業者のおこなっていた業務内容を、全てAI/IoTによって自動化したことにあります。
このAI/IoTによる自動化は、輸送作業を簡素化し、コストダウンしただけでなく、人の手を介さないことによって、ミスやトラブルの起こるリスクを減らし、生産者から消費者に届くまでの時間も短縮することができました。
生産者はコストがかからなくなった分、高い金額で購入してもらうことができますし、消費者も安い金額で新鮮な食品を食べられるようになったのです。