媒体やサイズによって変わる、求人広告の価格

お仕事を探している人にとっても、そして仕事をしてくれる人材を探している採用側にとっても、求人広告の存在というのは大変ありがたいものです。
これがなくては、双方のニーズがあるのかないのかが、わかりません。
この限られたサイズに書かれた情報を基に、応募をするか、どうするか、を判断するわけですので、少しでもインパクトのある内容で、人を惹きつけなくてはならないわけです。
毎週日曜日に求人広告を発行している株式会社求人ジャーナルさんには、新聞の折込と、情報誌と、フリーペーパーという3つの媒体があります。
それぞれ水曜に原稿締切りをして日曜に発行をしているメディアです。
ウィークリーで発行される、ということもあり、掲載する場合の価格は非常にリーゾナブルで、フリーマガジンなら、一番小さい1/16ページというサイズで、15000円です。
また新聞折込の場合は、さらに人目に露見する機会が多いことから、一番小さな1枠というサイズで2.2万円となっています。
小さいサイズであっても、十分に必要な求人内容を記載する事ができるので、主要媒体に掲載され、即効性があって、あらゆるジャンルの人にも見てもらえる、紙の求人広告は、価格にみあっただけの価値があると思います。